がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

がん細胞の帰属

がん治療の経験がある人なら、PET検査の経験もあるかもしれません。
このPET検査はがんの治療をする上でとても大切な検査の一つです。
がん細胞は常に人間の体内にあります。
免疫力が強く、健康な人であれば自らの免疫力によってがん細胞を倒すことが出来るので、発がんせずに済んでいるのです。
ですが体力が落ちていたり、病気などで免疫力が落ちているとがん細胞の方が強くなってしまい、がん細胞が増殖してしまうのです。
常に健康で元気でいたい。
誰もが望むことですが、年齢や環境によって願い通りにはいかないものです。
免疫力を高める為にヨーグルトなどを食べて腸内環境を整える。
十分な睡眠をとる。
会社に勤めていると難しいのですが、昼寝も免疫力アップには良いそうです。
そして何事も余裕をもって、楽しんですることが大切だそうです。
そして何より健康管理が大切です。
健康診断を定期的に受診する、かかりつけの病院を持っておくなど、出来ることはたくさんあります。
がんの早期発見にはPET検査が必要です。
がん細胞が大好きなブドウ糖を注入してがん細胞を調べる検査ですが、最新の医療ではさらに生まれたがん細胞の帰属がわかるようになっているそうです。
これはがん治療には必要なことで、新しく生まれたがんなのか、以前のがん細胞が増殖したものなのかを判断するのに良いそうです。
がん細胞の帰属によって、治療方法が変わることもありますので、時間のかかる検査ですが医師に勧められた時は必ず受けるようにしたいものです。

健康・医療や医療。きちんと整理されているこのサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2018がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.