がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

iPs細胞で目を作る

「視神経は脳に繋がっている」と子供の頃に聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
間違った情報ではなく、正確には脳が進化して目になった、と考えて良いようです。
目は脳の一部なのです。
目が疲れると脳にも影響が出てきますし、脳の疲れが目に影響することもあります。
ノーベル賞受賞で、医療関係に興味がなかった人でもiPs細胞という言葉は知るようになりました。
まだ実用化はされていませんが、このiPs細胞の出現によって日本に限らず世界中の医療が大きく進歩する希望になりました。
何にでもなれる細胞と聞くと、夢のような存在です。
大きな希望を抱く人も多くいます。
ですが何事にもメリットがあればデメリットがあるのは医療の世界でも同じようです。
何にでもなれる細胞は、ほんの些細なことで他の細胞に変化してしまうこともあるのです。
何事も正しく、正確に使うことが出来るという確信が持てない間は、実際の臨床に利用することは難しいのです。
現段階では目の治療にiPs細胞を利用する研究が進んでおり、臨床での結果が発表されるのはそう遠いことではなさそうです。
なぜ最初にiPs細胞の利用が目なのでしょうか。
目は網膜があり、この網膜は色がついているのでiPs細胞で作り上げていくのに観察がしやすい、といった点があるようです。
目の細胞を作っていて、骨の細胞が出来てしまっては困りますから何度も何度も同じ実験を繰り返して確証を作り上げてからの実践になりますから、後数年かかるでしょうが明るい希望です。

健康・医療や医療。きちんと整理されているこのサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2018がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.