がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

放射線治療は怖くない

がん治療には放射線が用いられてきました。
この治療には、かなり長い歴史があります。
以前、主流となっていたのはガンマ放射線です。
ガンマ線には技術的な課題が多くありました。
エネルギーが低くて、尚且つ患部への絞り込みもしにくいのです。
ですからがん細胞をピンポイントで特定するのでは、大きな範囲で測定するしかありませんでした。
現在ではリニアックを用いた放射線に変わっています。
リニアックに変更することで、IMRT(強度変調放射線治療)などのような多角的に放射線を照射することが可能な機器も開発されてきました。
このように低侵襲医療によって、手術をする外科的治療法よりも、患者の身体機能を温存したりQOL(生活の質)を維持することが可能になってきました。
以前は放射線治療は怖いもの、といったイメージでしたが現在ではかなり違ったものになってきています。
放射線治療の場合、外科手術ではQOLの負担が大きいところへの治療が可能になります。
たとえば頭部などは外科手術が可能であっても、その後の生活での負担が大きくなってしまいます。
また頭部だけでなく、手術をすることでリスクが大きくなる部位もあります。
放射線治療であれば患者の身体へのリスクも少なく、治療後の生活の質を落とすことなく生活することが期待できます。
放射線はがん細胞だけでなく他の細胞にも影響を与えますが、正常な細胞は早い期間に回復するので問題は少ないようです。
安心して治療が出来る最新の医療かもしれません。

Copyright (C)2018がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.