がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

低侵襲医療は負担が少ない

昔はがん治療の為に家族も含んで無理をしたり、何かを我慢したり、犠牲にすることが当たり前でした。
ですが今の医療では生活の質を重要視したものに変わってきています。
生活の質を重視するとは、どのようなことでしょうか。
入院したり、治療に時間を費やしてしまうのではなく、従来の生活を重視しながら治療を続けていく、というものです。
「低侵襲医療」と言われているこの新しい医療は、検査や治療において患者の負担を出来る限り少なくするという考えで始まっています。
患者の負担を軽くするということには、身体的なことも当然ですが、精神的な負担や時間などの負担も入ってきます。
入院をしてしまうとその間は自分の時間を過ごすことが出来なくなりますので、仕事をしている人は会社や仕事を休まなくてはいけませんし、友人と合う時間などもなくなってしまいます。
仕事を休んだり、人との関わりをなくすことが治療に良い時もありますが、長期間になるとこんどは負担になってきてしまいます。
日常生活の中でがん治療をしていく。
これが一番理想の治療かもしれません。
ストレスが病気にはいけないと言われていますが、程良いストレスが人間には必要なことも分かってきています。
病気を進行させないストレス。
ほどよいストレスを日常の中で感じていることも治療には必要なのかもしれません。
身体的にも日常生活をしながら治療する方が負担が少なく済みます。
入院すると負担が軽くなるように感じますが、家族の負担や精神的な負担は体験しないと分からない部分でもあります。
このような負担を減らし治療を継続する。
「低侵襲医療」はこれからの主流になるかもしれません。

Copyright (C)2018がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.