がんは不治の病ではなくなった

がんは不治の病ではなくなった

医療もサービス業

最近の医療関係施設は、以前のように「診てあげている」「治してあげる」といったような威圧感があったものから、患者の立場に立って共感したり思いやりが感じられたり、サービス業のようになってきています。
確かに病院も商売の1つなので、患者が少なければ経営も苦しくなります。
行きとどいたサービスを提供するには、相当数の医師や看護師が必要であったり、最新の機器が必要であったりします。
新しい病院に行くと、中はホテルのように綺麗で清潔感があり、カフェやレストラン、美容室や売店なども充実しているところが増えてきました。
この環境を整える目的は、患者の集客だけではないようです。
昔から「病は気から」という言葉があるように、患者の気持ちの持ちようが病気の改善には大きく影響するものです。
患者が過ごしやすい環境を作ることで、治療の効果を上げるのも最新医療の目的になっているようです。
そしてこの環境の改善は患者だけではなく、働く医療関係者にもストレスの少ない職場環境になり、よりよい看護や治療を提供することが出来るようです。
また地域医療の取り組みとして、病気についての研修会や講習を一般人参加の形で開催している病院も少なくありません。
病気に対する知識や、治療に対する理解を広めることでより良い医療環境を築いていけるのではないでしょうか。
近くの病院や医療関係施設で、このような病気に関するセミナーや講習会があれば、足を運んでみるのも予防医学かもしれません。

健康・医療や医療。きちんと整理されているこのサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2018がんは不治の病ではなくなった.All rights reserved.